デニム初心者がリーバイス501アメリカ流通レギュラーを育ててみたPart.2

のむりえです。

前回は開封まででしたので今回は糊落とし、水洗い、そしてどうなったかまでをご紹介できればと思います。

前回までの記事はこちらからどうぞ

デニム初心者がリーバイス501アメリカ流通レギュラーを育ててみたPart.1

糊落としと水洗い

ということで…

タグを外したら糊を落とします。Amazonで購入した桶に給湯温度43度でお湯を貯めて漬け込みます。

入れたらすぐ水の色が変わってきました。念のため重石をして約1時間程放置します。

 

約1時間後…重石を取り除くと糊以外にも染めていた藍色が随分と溶け出しています。分かりにくいですがここで少し揉み洗いすると一気に色が落ちてきました(汗)ジーンズを水から揚げると水の色付きがヤバい…結果、とっても色は落ちたようです。

浴室が反射して分かるぐらいになってしまいました…

以前LVCの501を同じようにやったら漬けてたお湯は黄色くて終わった気がするんですが…

この辺が染め方等々価格の違いなのでしょうか?

 

糊落としと簡単にシャワーで洗い流したら最後は洗濯機で洗剤無しで普通に1回洗いたいと思います。

この辺は調べてもよく分からず…

最低限のすすぎと脱水で良いというブログもあれば普通に洗うという意見もあったりで…とりあえず洗剤等々無しで水のみで普通に洗ってしまうことにしました。

洗い終えたら初回は乾燥機などを使用せず、室内の陰干しで乾燥するまで待ちます!

水洗い後

水洗いからの陰干し(室内干し)で枯っからに乾きました、多分。

裾に関しては縮めたいのでウェストを上にしての乾燥です。

実際に乾燥後のサイズを測ります。ウェスト約38㎝×2で約76㎝ですね。

前回は84㎝でしたのでマイナス8㎝…レングスは約71.5㎝

前回は76㎝だったのでマイナス4.5㎝…

もちろんパッチはほぼ変化無し。履いてみるとウェストは少しキツめ、レングスもちょっと長めですが普通に履ける長さになりました。

それでも腿や脛のあたりはまだまだゆとりがあって少しダボっとしたシルエットになっています。

やっぱり自然乾燥だとこんなもんですかね…

糊は殆ど取れている様でそこまでゴワツキであったりは感じませんでした。

LVC50166の時は同じことをしたんですが糊がしっかりと落ちていなくジーンズが普通に自立してました。

もちろん超ゴワゴワで履き心地は悪し…

これからの履きこみについて

順番が前後してしまいますが…

今回の501はなるべく、普通に履いたりして育てていきたいと…

当初は思っていました。

履いて、汚れたりしたら普通に洗濯機で洗濯、それも蛍光剤とかが入っていようが何だろうと普段使用している洗剤を使って洗ってやろうと…

しかし、調べてみるとファーストウォッシュ後はかなり重要との事で若干の方向転換、1ヶ月程度はしっかり履き込んで洗濯→乾燥機コースにしたいと思います。

多分その後は普通に履くを実行する予定です。