2019年WDW旅行記 Part17 往路編その③ダラスからオーランドまで

のむりえです。

十数時間のフライトの末ようやくダラスに到着しました。

ここまできたらあとは3分の1ぐらいでしょうか?

さくっとオーランドまで向かいたいと思います。

前回までの記事はこちらからどうぞ

2019年WDW旅行記 Part16 往路編その②成田出発からダラスまで

入国!

やっぱり長時間フライトは疲れますね…

到着時は体バッキバキです(笑)

つい数ヶ月前に仕事で羽田−ドーハ−バルセロナをやりましたが、距離の問題と1人ということもあって全然疲れなかったんですが…(機材も違うので一概には言えませんが…)

やはり子供連れだと結構疲れますね。

娘自身はよく寝たのもあって元気いっぱい?です。

ただ、寝て汗かいて乾燥した機内という条件のおかげで髪の毛がとんでも無いことになっていました(笑)

あんなにチリチリになるんですね…

ということで久しぶりの地上です。

久々のエコノミーで入国とかはかなり待たされるかなぁ…

なんて思いましたがそんな事は全然ありませんでした。

比較的スムーズに列も進み、機械で申請書?作成して友人のゲートへ。

目的と滞在日数を聞かれたので素直にオーランドに6泊と答えたら『ディズニーか?』と…

それで全てを察したかのように普通に通してくれました(笑)

食べ物とか持ってたんですが特に聞かれず…

それだけダラス経由でWDWへ行くアジア人が多いという事なんでしょうか?

まぁ何はともあれ入国完了しました!

あとは一度荷物のピックアップをして預け直せばOKです。

どんな感じで預け直しするのか不安でしたが流れに任せてたら簡単にできました!

案内の看板が読めて人の流れに任せればできるはずです。

ちなみにプライオリティタグ付いていましたが出てくる順番はノンステの方とほぼ変わらず…

なんの為のタグなのか…(笑)

 

で、自由の身になったら今度はターミナル移動です。ターミナルやゲートの確認は大切です。(写真はあとで撮ったものですが…)

C14ゲートという事ですのでターミナルCに移動です。

まじで字が小さいしたくさん書いてあるしで探すのが大変でした(笑)

そして到着のターミナルDにはAAのフラッグシップラウンジがあった気がするんですが乗り継ぎ失敗しても嫌なのでそそくさと移動です。

なによりもこのターミナル間移動がどのくらい時間かかるか分からなかったのでドキドキでした。

ダラスの空港内、ターミナル間移動はSkylinkというモノレールに乗って移動します。

表示がたくさんあると思うので分からない事は無いかと…

最終的にここまで大きな表示があるので(笑)

ここの脇のエスカレーターで乗り口まで移動します。

到着したタイミングで丁度CとEの全ての駅に止まるモノレールがやってきましたので早速乗り込みます…

 

結構揺れるんですね(笑)

 

子供の手はしっかりと握っているか抱っこが良いかも?

荷物を持っている人は気をつけて…

揺られる事数分、お目当のターミナルCに到着しました!

アドミラルズクラブで一休み…

ターミナル移動も完了してあとは乗り継ぐだけです。

正直やる事は何も無い?のでさっさとラウンジに向かいます。

国内線のターミナル?ということもあって到着したターミナルCはちょっとこじんまりとした印象。

それでもレストランなどもあるのでラウンジに入れなくても時間を潰す場所はたくさんありそうです。

幸いな事にラウンジの場所は搭乗予定のゲートの近くにありました。

入り口でサクッと受付をして中に入ります。

ひとまずお疲れ様です。

何種類かビールがありましたがせっかくアメリカに来たのでバドライトです。

水のプラカップを隣に置いてみましたがいまいち大きさが伝わりにくいですね…日本のラウンジはマシーンですしグラス小さいですしやっぱりこのくらいの大きさで貰えると嬉しいです♪

いきなりビールの話になってしまいましたが(笑)

ラウンジ自体は非常に広くてゆったりとした座席配置になっていました。

ゆったりとしていて良いのですが…

もう少し座席を増やしても良いのでは…?と思ったり。

あとは日本のアドミラルズクラブ同様に食べ物が少ないですね…

朝食の時間なのでしょうがない?かもしれませんがもう一声欲しいところです。この辺を見るとフラッグシップラウンジに行きたかったなぁと感じました。

バーカウンターのおばお姉様は非常に感じの良い方でした。

妻はここでも赤ワイン…

 

てかラウンジでふと思い出しましたが、フライト時間の変更の連絡がきた当初は乗り継ぎ時間1時間とかだったと思うのですが…

完全に1時間ではアウトでしたね(汗)

いくら乗り継ぎ時間クリアしていたとしてもちょっと1時間は危険すぎますね。

ゆっくりとした乗り継ぎ時間を確保しておいて良かったと思います。

1時間半ならいけるかな?

大人だけならフライトが遅れなければ余裕を持って乗り継ぎできそう。

子供が一緒ならもう少し時間はしっかりと確保することをお勧めします(1本目のフライトが遅延する可能性もありますし…)

 

そんな感じでゆっくりと1時間弱ぐらいラウンジで過ごさせて頂きました。

次のフライトが近付いてきたのでそろそろ搭乗ゲートに向かいたいと思います。

オーランドへ…

日本を出発して14時間ぐらいでしょうか?

ようやく最終目的地へのフライトに向かいます。

搭乗ゲートは当初の予定通りC14でした。

アメリカの国内線はちょこちょこと搭乗ゲートの変更があるという話を聞いていたのでちょっと警戒はしていたのですが変更もなくて一安心です。

自分の英語のリスニング能力の低さもあるのですが…

周りのざわざわに対してアナウンスの声が小さすぎると思うのは私だけでしょうか?

さっぱり何言ってるか分かりません(笑)

ちなみに今回のフライトは満席のようです。

キャンセル待ち?と思われる方がたくさん搭乗口付近にいらっしゃいました。

ダラス⇆オーランドって需要が高いようですね。

自分達のようにバカンスで訪れる方も多いですが、ビジネスで移動すると思われる方も一定数いらっしゃったように思います。

 

ということで搭乗です。

機材はA321Sです。

個人ディスプレイがあるのが良いですね。

前のフライトでそこそこ寝てしまっていて、自前の時間つぶしのグッズを出すのも面倒臭い自分にはありがたいです。

 

そう、飛び始める前まではそう思っていましたよ…

おかしいなぁ…

気付いたら乗っている飛行機がオーランドのすぐ近くに移動しています!!

妻と娘は眠いと言っていたので分かってはいましたが…

まさか自分も同じように爆睡してしまうとは…

思いの外ぐっすり寝れてしまったので寝起きすっきりでした(笑)

ちなみに妻と娘は離陸前からぐっすりだったのでほぼフライトの記憶は無いと思います(汗)

 

2本目のフライトの記憶はほぼありませんが…

ようやくオーランドに到着です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です